因幡の白兎 | オオクニヌシとウサギの日本神話

因幡の白兎(大国主命)

スサノオの子孫である大国主神(オオクニヌシノカミ)とウサギとの物語。

昔話にも登場した因幡の白兎(いなばの白うさぎ)です。

 

因幡の白兎(いなばの白うさぎ)

オオクニヌシと兄弟の神様たちは、八上比売(ヤガミヒメ)に会いに行こうと、稲葉(=因幡・いなば)に出かけます。

その途中でで立ったのがウサギでした(古事記では「稻羽之素菟(稲葉の素兎)」と表記)。

ウサギがサメを並べさせて、その上をピョンピョンとはねながら因幡の国まで渡っていましたが、それに気がついて怒ったサメはウサギの毛をむしり取ってしまいます。

そこを通りかかったのが大国主神(オオクヌヌシノカミ)その兄弟(神様)

しかし兄弟の神様たちは、わざと間違った治療法を教えたことで、ウサギの怪我ははさらに悪化します。

最後にやってきたオオクヌヌシが正しい治療法を教えたことで、ウサギが元の姿に戻ったという話です。

「日本書紀」では少彦名命(スクナヒコナノミコト)と一緒に病気の治療法を見つけたので、スクナヒコナは医療の神様ともされています。

たくさんの兄弟(神様)がいる中で、なぜオオクニヌシが中心となり、その後、国造りをするようになったのか?、なぜオオクニヌシが選ばれたのか?を知るための切っ掛けとなる神話です。

 

日本の神様 一覧| 古事記・日本書紀の神話」に戻る

© 2020 関西パワースポット神社