日本の神様 一覧 | 古事記・日本書紀の日本神話より 

日本の神様(イザナギ、イザナミ、アマテラス、スサノオ、神武天皇)

日本にはたくさんの神様がおられます。どれだけかというと八百万(やおろず)の神々という表現がされるほどたくさん。

神様は色々なところにおられますが、一番多くいらっしゃるのが神社です。

各神社にはご利益があります。神社にご利益があるのは、その神社に祀られている神様の由縁が関係しているからです。

今回は日本の神様を、日本神話の歴史順に一覧でまとめました。

天地開闢・国土創造から、神産み、神産み、黄泉の国、天岩戸、因幡の白兎、国つくり、国譲り、天孫降臨、海彦山彦を経て初代天皇・神武天皇に繋がるまでの日本神話をわかりやすく一覧で紹介しています。

神様の名前と「古事記」と「日本書紀」「風土記」に記載されている神様の歴史やエピソードを知ることで、神社がより身近に感じられると思います。

 

天地開闢・国土創造の神様

この世界が初めて生まれた時代「天地開闢(てんちかいびゃく)」「国土創造」の神様。

別天神と神世七代の時代です。

造化三神(ぞうけさんしん)

高天原(たかまのはら)に一番最初に現れた神様は「天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)」。2番目に「高御産巣日神(たかみむすひのかみ)」、3番目に「神産巣日神(かみむすびのかみ)」が現れます。

この三柱(三神)のことを造化三神と言います。

  1. 天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
  2. 高御産巣日神(たかみむすびのかみ)
  3. 神産巣日神(かみむすびのかみ)

 

別天神(造化三神+二柱)

上で紹介した造化三神の三柱と4番目に現れた「宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢのかみ)」、5番目「天之常立神(ためのとこたちのかみ)」を合わせて別天神と呼びます。

  • 宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢのかみ)
  • 天之常立神(ためのとこたちのかみ)

 

神世七代

別天神の後に生まれた12柱の神様。三代以降は2神一対(男女ペア)で一代と数えます。

  1. 国之常立神(くにのとこたちのかみ)
  2. 豊雲野神(とよくもぬのかみ)
  3. 角杙神(つぬぐいのかみ)・活杙神(いくぐいのかみ)
  4. 淤母蛇琉神(おもだるのかみ)・阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)
  5. 宇比地邇神(うひぢにのかみ)・須比智邇神(すひぢにおかみ)
  6. 意富斗能地神(おほとのぢのかみ)・大斗乃弁神(おほとのべのかみ)
  7. 伊邪那岐命(いざなぎのみこと)伊邪那美命(いざなみのみこと)

 

スポンサーリンク

国産みの神様

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)。神様のイメージ

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)伊邪那美命(いざなみのみこと)が日本の国土(島々)をつくっていきます。国産みの時代。

  • 蛭子神(ひるこのかみ):未熟だったので海に流した
  • 淡島(あわしま):未熟だったので海に流した

大八嶋国(おおやましまのくに)

国産み(日本)

  • 淡道之穂之狭別嶋(あわじのほのさわけのしま):淡路島
  • 伊予之二名嶋(いよのふたなのしま):四国
  • 隠岐之三子嶋(おきのみつごのしま):隠岐諸島
  • 筑紫嶋(ちくしのしま):九州
  • 伊伎嶋(いきのしま):壱岐島
  • 津嶋(つしま):対馬
  • 佐渡嶋(さどのしま):佐渡島
  • 大倭豊秋津嶋(おおやまととよあきづしま):本州

 

六島

  • 吉備児島(きびのこじま)
  • 小豆島(あづきじま)
  • 大島(おおしま)
  • 女島(ひめしま)
  • 知訶島(ちかのしま)
  • 両子島(ふたごじま)

 

スポンサーリンク

神産みの神様

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)。神様のイメージ

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)伊邪那美命(いざなみのみこと)は国産みの後、たくさんの神様をつくっていきます。神産みの時代。

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)の間に生まれた神様

  • 大戸日別神(おおとびわけのかみ):門の神様
  • 天之吹男神(あめのふきをのかみ):屋根の神様
  • 大屋毘古神(おおやびこのかみ):建物の神様
  • 大綿津見神(おおわたつみのかみ):海の神様
  • 速秋津日子神(あやあきつひこのかみ):川の神様
  • 大山津見神(おおやまつみのかみ):山の神様
  • 鳥之石楠船神(とりのいわくすぶねのかみ):船の神様
  • 大宜都比売神(おおげつひめのかみ):建物の神様
  • 火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ):火の神様

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)伊邪那美命(いざなみのみこと)の間で最後に生まれたのは火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)という火の神様です。

伊邪那美命(いざなみのみこと)火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)を出産する時に大やけどを負ったことが原因で亡くなってしまいます。

 

伊邪那美命(いざなみのみこと)が大やけどで衰弱しながらも生んだ神様

伊邪那美命(いざなみのみこと)イメージ

伊邪那美命(いざなみのみこと)は大火傷で衰弱しながらも尿・糞・嘔吐物から男女ペアの神様を生みました。

尿から生まれた神様 和久産巣日神(わくむすびのかみ)
弥都波能売神(みつはのめのかみ)
糞から生まれた神様 波邇夜須毘古神(はにやすびこのかみ)
波邇夜須比売神(はにやすびめのかみ)
嘔吐物から生まれた神様 金山毘古神(かなやまびこのかみ)
金山比売神(かなやまびめのかみ)

 

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)を切り殺した時に生まれた神様

妻を失った夫・伊邪那岐命(いざなぎのみこと)は悲しみのあまりに火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)を斬り殺してしまいます。

その時に剣にういた火の神の血が岩に飛び散って、そこから神様が生まれます

剣先に付いた血から生まれた神様 石折神(イワサクノカミ)
根折神(ネサクノカミ)
石筒之男神(イワツツノオノカミ)
剣の根元に付いた血から生まれた神様 甕速日神(ミカハヤヒノカミ)
樋速日神(ヒハヤヒノカミ)
剣の柄に溜まった血から生まれた神様 闇淤加美神(クラオカミノカミ)
闇御津羽神(クラミツハノカミ)
カグツチの死体から生まれた神様 正鹿山津見神(マサカヤマツミノカミ)
淤縢山津見神(オドヤマツミノカミ)
奥山津見神(オクヤマツミノカミ)
闇山津見神(クラヤマツミノカミ)
志芸山津見神(シギヤマツミノカミ)
羽山津見神(ハヤマツミノカミ)
原山津見神(ハラヤマツミノカミ)
戸山津見神(トヤマツミノカミ)
天之尾羽張(アメノオハバリ)=十拳剣(トツカノツルギ)

 

スポンサーリンク

黄泉の国

菊理媛神(くくりひめのかみ)が関係している黄泉比良坂(黄泉の国)の様子

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)は死んだ妻・伊邪那美命(いざなみのみこと)を連れ戻すために黄泉の国に向かいます。

しかし伊邪那美命(いざなみのみこと)は以前とは異なり醜い化け女になっていました。軍隊を引き連れて追いかけてくる中、伊邪那美命(いざなみのみこと)は逃げましたがしつこく追いかけてきます。

この世の境界と黄泉の国との境目にある黄泉平坂(黄泉比良坂)で、2人は黄泉の国の番人「泉守道者(よもつちもりびと)」と「菊理媛神(くくりひめのかみ)」に出会います。

菊理媛神(くくりひめのかみ)が何を言ったのかについてはわかりませんが、その言葉に2人は納得し、伊邪那美命(いざなみのみこと)は黄泉の国へ、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)はこの世に戻ることができたと言われています。

 

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)の禊祓で生まれた神様

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)イメージ

黄泉の国から出られた伊邪那岐命(いざなぎのみこと)は九州の日向(宮崎県)「阿波岐原」で禊祓(みそぎはらい)をします。

※宮崎県にはみそぎ池が阿波岐原・森林公園にあります。

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)の身につけていたものから生まれた神様

禊祓の時に身につけていた杖、帯、袋、衣服、袴、冠、腕輪から12柱の神様が生まれています。

陸路を司る神様 衝立船戸神(ツキタツフナドノカミ)
道之長乳歯神(ミチノナガチハノカミ)
時置師神(トキオカシノカミ)
和豆良比能宇斯能神(ワヅライノウシノカミ)
道俣神(ミチマタノカミ)
飽咋之能宇斯能神(アキグイノウシノカミ)
海路を司る神様 奥疎神(オキザカルノカミ)
奥津那芸佐毘古神(オキツナギサビコノカミ)
奥津甲斐弁羅神(オキツカイベラノカミ)
辺疎神(ヘザカルノカミ)
辺津那芸佐毘古神(ヘツナギサビコノカミ)
辺津甲斐弁羅神(ヘツカイベラノカミ)

 

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が水に潜った時に生まれた神様

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が穢れ(けがれ)をすすいでいると災いと清めに関係する神様が5柱生まれました。

災いと清めの神様 八十禍津日神(ヤソマガツヒノカミ)
大禍津日神(オオマガツヒノカミ)
神直毘神(カムナオビノカミ)
大直毘神(オオナオビノカミ)
伊豆能売神(イヅノメノカミ)

 

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が顔を洗った時に生まれた神様「三貴子」

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が全身水に入り体を清めた後、顔を洗った時に生まれたのが以下の3柱のことを三貴子(さんきし)と呼びます。

左目、右目、鼻を洗った時に、後に有名となる天照大御神、須佐之男命、月読命が生まれました。

イザナギが左目を洗った時にうまれた神様(太陽神) 天照大御神(アマテラスオオミカミ)
イザナギが右目を洗った時にうまれた神様(月神) 月読命(ツクヨミノミオト)
イザナギがを洗った時にうまれた神様(海原) 須佐之男命(スサノオノミコト)

 

天照大御神(アマテラスオオミカミ)と須佐之男命(スサノオノミコト)が高天原で占い「誓約(うけい)」をした時に生まれた神様

天照大御神(アマテラスオオミカミ)と須佐之男命(スサノオノミコト)

須佐之男命(スサノオノミコト)は海原を治めるはずでしたが、天照大御神(アマテラスオオミカミ)須佐之男命(スサノオノミコト)は亡くなった母・伊邪那美命(いざなみのみこと)に会いたいと泣いてばかり。

それを怒った伊邪那岐命(いざなぎのみこと)に追い出され、高天原へ向かいました。

天照大御神(アマテラスオオミカミ)は弟の須佐之男命(スサノオノミコト)が高天原を奪いに来たと思いましたが、弟は否定。

そこで2柱は占い「誓約(うけい)」でどちらが正しいのかを決めることになったのです。この時に五男三女神が誕生しています。

 

天照大御神(アマテラスオオミカミ)が須佐之男命(スサノオノミコト)の剣より生み出した神様「宗像三女神」

宗像三女神(むなかたさんじょしん)は須佐之男命(スサノオノミコト)の子供。心が清らかで戦う気持ちがないということから、女神が生まれました。

航海安全の神様と言われています。

スサノオの剣 多岐都比売命(タギツヒメノミコト)
市寸島比売命(イチキシマヒメノミコト)
多紀理毘売命(タキリビメノミコト)

 

須佐之男命(スサノオノミコト)が天照大御神(アマテラスオオミカミ)の頭の勾玉より生み出した神様

5柱の男神は天照大御神(アマテラスオオミカミ)の子供とされています。

アマテラスの勾玉 天忍穂耳命(アメノオシホミミノミコト)
天穂日命(アメノホノミコト)
天津彦根命(アマツヒコネノミコト)
活津彦根命(イクツヒコネノミコト)
熊野櫲樟日命(クマノクスビノミコト)

この中で天忍穂耳命(アメノオシホミミノミコト)は天皇家の祖先となります。

 

天の岩戸から天照大御神(アマテラスオオミカミ)を誘い出した神様

天岩戸で舞う天宇受売命(アメノウズメノミコト)

天照大御神(アマテラスオオミカミ)が天岩戸に隠れてしまったことから、世界が真っ暗になりました。

その時に天照大御神(アマテラスオオミカミ)を外に出てもらおうと、神様たちが色々と考えます。

皆で話し合いをし祭りを決断した知恵の神様 思金神(オモヒカネノカミ)
祭具用に勾玉を作った神様 玉祖命(タマノオヤノニコト)
祭具用に八咫鏡を作った神様 伊斯許理度売命(イシコリドメノミコト)
祝詞を奏上し祭りを始めた神様 天児屋命(アメノコヤネノミコト)
岩戸にしめ縄をかけた神様 布刀玉命(フトダマノミコト)
怪力で岩戸を放り投げた神様 天手力男神(アメノタヂカラオノカミ)
祭りで踊りを担当した神様 天宇受売命(アメノウズメノミコト)

知恵の神様である思金神(オモヒカネノカミ)を中心に行った祭りで、天照大御神(アマテラスオオミカミ)を岩戸から外に出すことに成功します。

この思金神(オモヒカネノカミ)は一番最初に生まれた神様の1人「高御産巣日神(たかみむすびのかみ)」の御子神と言われています。

玉祖命(タマノオヤノニコト)、伊斯許理度売命(イシコリドメノミコト)、天児屋命(アメノコヤネノミコト)、布刀玉命(フトダマノミコト)、天宇受売命(アメノウズメノミコト)は天孫降臨の時に、邇邇芸命(ニニギノミコト)に従った重要な神様「五伴諸神(イツトモノオノカミ)」とされています。

この中でも特に踊りを担当した天宇受売命(アメノウズメノミコト)が有名。芸能の起源とされていることから、芸能・芸術の関係者が天宇受売命(アメノウズメノミコト)が祀られている神社に参拝しています。

 

八岐大蛇(ヤマタノオロチ)

須佐之男命(スサノオノミコト)と八岐大蛇(ヤマタノオロチ)

高天原を離れた須佐之男命(スサノオノミコト)は出雲へやってくると、老夫婦と櫛名田比売命(クシナダヒメノミコト)が泣いているところに出うわします。

理由を聞いてみたところ、「八岐大蛇(ヤマタノオロチ)に娘が食べられる」というのです。

須佐之男命(スサノオノミコト)は櫛名田比売命(クシナダヒメノミコト)との結婚を条件に、ヤマタノオロチを退治することになりました。

ヤマタノオロチを倒した須佐之男命(スサノオノミコト)は櫛名田比売命(クシナダヒメノミコト)と結婚し出雲に宮(須賀宮)を建てて暮らしました。

この時に須佐之男命(スサノオノミコト)は和歌を詠んでいます。日本で最初の和歌とされています。

スサノオがヤマタノオロチを退治し助けた神様 足名椎命(アシナヅチノミコト) クシナダヒメの夫
手名椎命(テナヅチノミコト) クシナダヒメの妻
櫛名田比売命(クシナダヒメノミコト) アシナヅチとテナヅチの子供

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)伊邪那美命(いざなみのみこと)が神産みをしましたが、その中の1柱、山の神様である大山津見神(おおやまつみのかみ)が足名椎命(アシナヅチノミコト)の親になります。

大山津見神(おおやまつみのかみ)→足名椎命(アシナヅチノミコト)&手名椎命(テナヅチノミコト)→櫛名田比売命(クシナダヒメノミコト)と繋がります。

 

須佐之男命(スサノオノミコト)の子孫

素盞鳴命(スサノオノミコト)

須佐之男命(スサノオノミコト)の子供や孫についてまとめます。この辺りは非常に難しく諸説あります。

大国主神(オオクニヌシノカミ)が子供、または子孫にあたります

 

須佐之男命(スサノオノミコト)と櫛名田比売命(クシナダヒメノミコト)の子供

  • 八島士奴美神(ヤシマジヌミノカミ)
  • 大国主神(オオクニヌシノカミ):大黒様。出雲大社・大神神社の祭神(※)

「日本書紀」正伝では須佐之男命(スサノオノミコト)息子と書かれていますが、「古事記」や「日本書紀」では六世(又は七世)の孫となっています。

下の「天之冬衣神(アメノフユキヌノカミ)と刺国若比売(サシクニワカヒメ)の子供」にも表記しています。

 

須佐之男命(スサノオノミコト)と神大市比売(カムオホイチヒメ)の子供

  • 大年神(オオトシノカミ)
  • 宇迦之御魂神(スカノミタマノカミ):稲荷神社の神様

 

八島士奴美神(ヤシマジヌミノカミ)と木花知流比売(コノハナチルヒメ)の子供

  • 布波能母遅久奴須奴神(フハノモヂクヌスヌノカミ)

 

布波能母遅久奴須奴神(フハノモヂクヌスヌノカミ)と日河比売(ヒカワヒメ)の子供

  • 深淵之水夜礼花神(フカフチノミズヤレハナノカミ)

 

深淵之水夜礼花神(フカフチノミズヤレハナノカミ)と天之都度閇知泥神(アメノツドヘチネノカミ)の子供

  • 淤美豆奴神(オミヅヌノカミ)

 

淤美豆奴神(オミヅヌノカミ)と布帝耳神(フテミミモカミ)の子供

  • 天之冬衣神(アメノフユキヌノカミ)

 

天之冬衣神(アメノフユキヌノカミ)と刺国若比売(サシクニワカヒメ)の子供

  • 大国主神(オオクニヌシノカミ):大黒様。出雲大社・大神神社の祭神

※大国主神(オオクニヌシノカミ)は、須佐之男命(スサノオノミコト)から数えると六世(又は七世)の孫にあたりますが、「日本書紀」正伝では須佐之男命(スサノオノミコト)の息子と書かれています。

 

因幡の白兎

因幡の白兎(大国主命)

ウサギがサメを並べさせて、その上をピョンピョンとはねながら因幡の国まで渡っていましたが、それに気がついて怒ったサメはウサギの毛をむしり取ってしまいます。

そこを通りかかったのが大国主神(オオクヌヌシノカミ)とその兄弟。兄弟たちは間違った治療法を教えてしまい、ウサギはさらに悪化します。

そこで大国主神(オオクヌヌシノカミ)は正しい治療法を教えたことで、ウサギが元の姿に戻ったという話です。

「日本書紀」では少彦名命(スクナヒコナノミコト)と一緒に病気の治療法を見つけたので、医療の神様ともされています。

 

大国主神(オオクヌヌシノカミ)の子孫

大国主神(オオクヌヌシノカミ)はたくさんの女神との間に子供を設けています。古事記では180柱、日本書紀では181柱と書かれています。

縁結びのご利益があるとされているのはこれが由縁です。ここでは一部の子供を紹介します

大国主神(オオクヌヌシノカミ)と多紀理毘売命(タキリビメノミコト)の子供

  • 阿遅鉏高日子根神(アジスキタカヒコネノカミ)

妻・多紀理毘売命(タキリビメノミコト)はスサノオノミコトの剣から生まれた「宗像三女神」の内の一柱。

 

大国主神(オオクヌヌシノカミ)と神屋楯比売命(カムヤタテヒメノミコト)の子供

  • 事代主神(コトシロヌシノカミ)

 

大国主神(オオクヌヌシノカミ)と八上比売(ヤガミヒメ)の子供

  • 木俣神(キノマタノカミ)

木俣神(キノマタノカミ)はまたの名を御井神(ミイノカミ)とも言います。

妻・八上比売(ヤガミヒメ)は因幡の白兎に登場。

 

大国主神(オオクヌヌシノカミ)と沼河比売(ヌナカワヒメ)の子供

  • 建御名方神(タケミナカタノカミ)

妻・沼河比売(ヌナカワヒメ)は越国「福井〜山形」の神様

 

大国主神(オオクヌヌシノカミ)と鳥取神(トトリノカミ)

  • 鳥鳴海神(トリナルミノカミ)

妻・鳥取神(トトリノカミ)は、「鳥取」という地名の元になった神様。

 

大国主神(オオクヌヌシノカミ)の国つくり

大国主神(オオクニヌシノカミ)はまず最初に少彦名命(スクナヒコナノミコト)と出会い、全国を巡っては国造り(国作り)をしていきました。

「古事記」よりも「日本書紀」「風土記」の方がよく載っています。

少彦名命(スクナヒコナノミコト)は途中で去ってしまいますが、その後、大物主神(オオモノヌシノカミ)に出会ったことで、続きとなる大和から最後まで国作りを成し遂げることができました。

  • 大物主神(オオモノヌシノカミ)

 

国譲り

大国主神(オオクニヌシノカミ)が国作りを達成したことで、葦原中国(あしはらなかつくに)は栄えていきます。

それを見ていた天照大御神(アマテラスオオミカミ)や高天原の神様たちは、「この地上(葦原中国)で治めていくのは、自分たちの一族だ」と言い出します。

そこで国を譲るように説得する使者を送ることにしましたが、2回も使者が寝返ってしまいました。

  • 1度目の使者:天穂日命(アメノホヒノミコト)
  • 2度目の使者:天若日子(アメノワカヒコ)

そこで3度めの使者として、武御雷神(タケミカヅチノカミ)を送ります。

  • 3度目の使者:武御雷神(タケミカヅチノカミ)

武御雷神(タケミカヅチノカミ)は剣の刃先に座った状態で大国主神(オオクニヌシノカミ)の前に現れ、国を譲るかを訪ねます。

大国主神(オオクニヌシノカミ)は子供の事代主神(コトシロヌシノカミ)建御名方神(タケミナカタノカミ)に聞いてくれと答えます。

  • 1度目の交渉:事代主神(コトシロヌシノカミ)
  • 2度目の交渉:建御名方神(タケミナカタノカミ)

大国主神(オオクニヌシノカミ)の子供たちを屈服させた武御雷神(タケミカヅチノカミ)は、再度、大国主神(オオクニヌシノカミ)を訪れ、国を譲るか訪ねます。

「2人の息子が玉津神に従うのであれば、私もそれに従う。その代わりに私の住む場所、高くそびえる宮殿を建ててほしい」と言い、天照大御神(アマテラスオオミカミ)の国譲りは成功となりました。

 

天孫降臨

武御雷神(タケミカヅチノカミ)による国譲りが終了した葦原中国では、高天原の神様による政治が行われることになりました。

天照大御神(アマテラスオオミカミ)は子供の天忍穂耳命(アメノオシホミミノミコト)に治めさせようとしますが、この時に、孫・邇邇芸命(ニニギノミコト)が生まれたことで、役割が変更になりました。このことを天孫降臨と言います。

  • 天忍穂耳命(アメノオシホミミノミコト):天照大御神(アマテラスオオミカミ)の子供。邇邇芸命(ニニギノミコト)に譲る
  • 邇邇芸命(ニニギノミコト):天照大御神(アマテラスオオミカミ)孫。天孫降臨

孫の邇邇芸命(ニニギノミコト)を支えるようになったのは、以前天岩戸の前で祭を行い活躍した神様たちです。

皆で話し合いをし祭りを決断した知恵の神様 思金神(オモヒカネノカミ)
天の岩戸組。祭具用に勾玉を作った神様 玉祖命(タマノオヤノニコト)※
天の岩戸組。祭具用に八咫鏡を作った神様 伊斯許理度売命(イシコリドメノミコト)※
天の岩戸組。祝詞を奏上し祭りを始めた神様:中臣氏の祖先 天児屋命(アメノコヤネノミコト)※
天の岩戸組。岩戸にしめ縄をかけた神様:忌部氏の祖先 布刀玉命(フトダマノミコト)※
天の岩戸組。怪力で岩戸を放り投げた神様 天手力男神(アメノタヂカラオノカミ)
天の岩戸組。祭りで踊りを担当した神様 天宇受売命(アメノウズメノミコト)
武装し先導。久米氏の祖先 天津久米命(アマツクメノミコト)
武装し先導。大友氏の祖先 天忍日命(アメノオシヒノミコト)
国つ神の道案内。天狗伝承の原型。後にアメノウズメと結婚 猿田毘古神/猿田彦神(サルタビコノカミ)

※天児屋命(アメノコヤネノミコト)、布刀玉命(フトダマノミコト)、天宇受売命(アメノウズメノミコト)、伊斯許理度売命(イシコリドメノミコト)、玉祖命(タマノオヤノニコト)の5柱は「五伴諸(いつとものお)」と呼ばれています。

この時に三種の神器(鏡・勾玉・剣)も授けられたことで、天照大御神(アマテラスオオミカミ)の子孫の象徴となり、現在の天皇にも受け継がれています。

 

邇邇芸命(ニニギノミコト)の子孫・山幸彦と海幸彦

邇邇芸命(ニニギノミコト)が地上に降り、木花之佐久夜毘売(コノハナノサクヤビメ)と結婚します。

この子孫たちが初代天皇・神武天皇に繋がります。

邇邇芸命(ニニギノミコト)と結婚。富士山を神格化。とても美しい 木花之佐久夜毘売(コノハナノサクヤビメ)
邇邇芸命(ニニギノミコト)は送り返す。永遠性を神格化。とても醜い 石長比売(イワナガヒメ)

邇邇芸命(ニニギノミコト)と木花之佐久夜毘売(コノハナノサクヤビメ)の子供

木花之佐久夜毘売(コノハナノサクヤビメ)は不貞を疑われますが、天孫の子供であることを証明するため、火の中で出産。

「古事記」では、身の潔白を証明する誓約(うけい)とされています。

3兄弟の内の一柱。別名、海幸彦(ウミサチヒコ) 火照命(ホデリノミコト)
3兄弟の内の一柱。 火須勢理命(ホスセリノミコト)
3兄弟の内の一柱。別名、山幸彦(ヤマサチヒコ) 火遠理命(ホオリノミコト)

誕生した3兄弟。火照命(ホデリノミコト)は海で漁をすることから海幸彦(うみさちひこ)、火遠理命(ホオリノミコト)は山で狩りをすることから山幸彦(やまさちひこ)と呼ばれています。

日本昔話の「海彦山彦」の元ネタになっています。

 

火遠理命(ホオリノミコト)と豊玉毘売(トヨタマビメ)の子供

火遠理命(ホオリノミコト)と豊玉毘売(トヨタマビメ)の子供が鵜葺草葺不合命(ウガヤフキアエズノミコト)です。

火遠理命(ホオリノミコト)の妻。海神・綿津見神の娘(姉) 豊玉毘売(トヨタマビメ)
神武天皇の父。火遠理命(山幸彦)の子供 鵜葺草葺不合命(ウガヤフキアエズノミコト)

 

鵜葺草葺不合命(ウガヤフキアエズノミコト)と玉依毘売(タマヨリビメ)の子供が初代天皇・神武天皇

神武天皇:神倭伊波礼毘古(カムヤマトイワレビコ)

神武天皇の母。海神・綿津見神の娘(妹) 玉依毘売(タマヨリビメ)
初代天皇。邇邇芸命(ニニギノミコト)のひ孫。火遠理命(山幸彦)の孫 神武天皇:神倭伊波礼毘古(カムヤマトイワレビコ)

 

天地開闢・国土創造から始まった日本の神様一覧。初代天皇である神武天皇まで繋がりました。

ホームページに戻る

Copyright© 関西パワースポット神社 , 2020 All Rights Reserved.