ヤマタノオロチ(八岐大蛇)伝説 | スサノオ・クシナダヒメ

須佐之男命(スサノオノミコト)と八岐大蛇(ヤマタノオロチ)

今でも語り継がれているヤマタノオロチ伝説。

須佐之男命(スサノオノミコト)がヤマタノオロチを退治し、神様を助けます。

 

ヤマタノオロチ伝説

高天原を離れた須佐之男命(スサノオノミコト)が出雲へやってくると、老夫婦と櫛名田比売命(クシナダヒメノミコト)が泣いているところに出くわします。

老夫婦に理由を聞いてみたところ、「八岐大蛇(ヤマタノオロチ)に娘が食べられる」というのです。

ヤマタノオロチとは、体が1つで顔と尻尾が8つの巨大な怪物です。

スサノオはクシナダヒメとの結婚を条件に、ヤマタノオロチを退治することになりました。

スサノオがヤマタノオロチを退治している

ヤマタノオロチの倒し方は、何度も繰り返し発酵させたお酒を8つの瓶に入れておき、ヤマタノオロチがそれを飲み、酔っ払って眠ってしまったところを剣で退治したということです。

ヤマタノオロチを倒したスサノオは、クシナダヒメと結婚し、出雲に新しい宮「須賀宮」を建てて暮らしました。

この時にスサノオは和歌を詠んでいます。日本で最初の和歌とされています。

スサノオがヤマタノオロチを退治し助けた神様 足名椎命(アシナヅチノミコト) クシナダヒメの父
手名椎命(テナヅチノミコト) クシナダヒメの母
櫛名田比売命(クシナダヒメノミコト) アシナヅチとテナヅチの子供

イザナギとイザナミが神産みをした神様の中の1柱で、山の神様である大山津見神(おおやまつみのかみ)が足名椎命(アシナヅチノミコト)の親になります。

大山津見神(おおやまつみのかみ)→足名椎命(アシナヅチノミコト)&手名椎命(テナヅチノミコト)→櫛名田比売命(クシナダヒメノミコト)と繋がります。

クシナダヒメはスサノオと結婚したことで、夫婦和合や縁結びのご利益がある神様とされています。

 

日本の神様 一覧| 古事記・日本書紀の神話」に戻る

© 2020 関西パワースポット神社