神産みの神様 | イザナギとイザナミ、カグツチ

イザナギ・イザナミ・カグツチ

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)伊邪那美命(いざなみのみこと)は淤能碁呂島・大八嶋国・六島などの国産みの後、たくさんの神様をつくっていきます。

神産みの時代に入ります。自然あふれる日本という国は、イザナギとイザナミの子供たちになります。

 

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)の間に生まれた神様

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)。神様のイメージ

イザナギとイザナミとの間に生まれた神様たち。

大戸日別神(おおとびわけのかみ) 門の神様
天之吹男神(あめのふきをのかみ) 屋根の神様
大屋毘古神(おおやびこのかみ) 建物の神様
大綿津見神(おおわたつみのかみ) 海の神様
速秋津日子神(あやあきつひこのかみ) 川の神様
大山津見神(おおやまつみのかみ) 山の神様
鳥之石楠船神(とりのいわくすぶねのかみ) 船の神様
大宜都比売神(おおげつひめのかみ) 建物の神様
火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ) 火の神様

イザナギとイザナミの間に最後に生まれたのは火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ=カグツチ)という火の神様です。

イザナミはカグツチを出産する時に、大やけどを負ったことが原因で亡くなってしまいます

 

スポンサーリンク

伊邪那美命(いざなみのみこと)が大やけどで衰弱しながらも生んだ神様

伊邪那美命(いざなみのみこと)イメージ

伊邪那美命(いざなみのみこと)は大火傷で衰弱しながらも尿・糞・嘔吐物から男女ペアの神様を生みました。

尿から生まれた神様 和久産巣日神(わくむすびのかみ)
弥都波能売神(みつはのめのかみ)
糞から生まれた神様 波邇夜須毘古神(はにやすびこのかみ)
波邇夜須比売神(はにやすびめのかみ)
嘔吐物から生まれた神様 金山毘古神(かなやまびこのかみ)
金山比売神(かなやまびめのかみ)

 

スポンサーリンク

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)を切り殺した時に生まれた神様

カグツチ(イメージ)

妻を失った夫・伊邪那岐命(いざなぎのみこと)は悲しみのあまりに火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)を斬り殺してしまいます。

その時に剣についた火の神の血が岩に飛び散って、そこから神様が生まれます。

剣先に付いた血から生まれた神様 石折神(イワサクノカミ)
根折神(ネサクノカミ)
石筒之男神(イワツツノオノカミ)
剣の根元に付いた血から生まれた神様 甕速日神(ミカハヤヒノカミ)
樋速日神(ヒハヤヒノカミ)
剣の柄に溜まった血から生まれた神様 闇淤加美神(クラオカミノカミ)
闇御津羽神(クラミツハノカミ)
カグツチの死体から生まれた神様 正鹿山津見神(マサカヤマツミノカミ)
淤縢山津見神(オドヤマツミノカミ)
奥山津見神(オクヤマツミノカミ)
闇山津見神(クラヤマツミノカミ)
志芸山津見神(シギヤマツミノカミ)
羽山津見神(ハヤマツミノカミ)
原山津見神(ハラヤマツミノカミ)
戸山津見神(トヤマツミノカミ)
天之尾羽張(アメノオハバリ)=十拳剣(トツカノツルギ)

 

日本の神様 一覧| 古事記・日本書紀の神話」に戻る

© 2020 関西パワースポット神社