迦具土命(カグツチ)が御祭神の神社、まとめ

カグツチ(イメージ)

迦具土命(カグツチノカミ)についての簡単な説明、ご利益、呼び方・表記、祀られている神社について一覧でまとめています。

 

カグツチはどんな神様?、どんなご利益があるの?

カグツチ(イメージ)

カグツチは、日本神話に登場する火の神様です。正式名は、火之夜藝速男神(ヒノヤギハヤオ)。

歴史

カグツチは、父・伊邪那岐命(イザナギノミコト)と母・伊邪那美命(イザナミノミコト)との間に生まれた最後の神様です。

母・伊邪那美命(イザナミノミコト)はカグツチの出産時に火傷をし衰弱死したことから、カグツチは父・伊邪那岐命(イザナギノミコト)に十字剣(トツカノツルギ=天之尾羽張[アメノオハバリ])で殺されてしまいます。

その時にカグツチからたくさんの神様が生まれています。

例えば、建御雷之男神(たけみかづちのをのかみ)=武甕槌命(タケミカヅチノミコト)は春日大社の主祭神としても有名です。

 

ご利益

迦具(カグ)は「輝く」から火の輝き、「嗅ぐ」から燃える匂いを嗅ぐという火や炎の神様となっています。

そこから派生し、火防の神様、鍛冶の神様、火力の神様、温泉の神様としても崇められています。

以上のことからカグツチは火災除け、土地の守護、鉱業守護のご利益があります。

 

スポンサーリンク

呼び方・表記

一般的な迦具土命(カグツチ)以外にも呼び方は色々あります。書物や神社によって読み方が変わりますが、すべて同一神です。

呼び方・表記 意味
迦具土命(カグツチ) 古事記での呼び方・表記。神社により呼び方が異なる
火之迦具土神(ヒノカグツチノカミ)
火之夜藝速男神(ヒノヤギハヤオノカミ)
火之炫毘古神(ヒノカガビコノカミ)
軻遇突智(カグツチ) 日本書紀での呼び方・表記。神社により呼び方が異なる
火産霊(ホムスビ)
火産霊神(ホムスビノカミ) 神社の呼び方
火産霊命(ヒムスビノミコト)
迦倶槌命(カグツチノミコト)
迦具土神(カグツチノカミ)
愛宕明神(あたごみょうじん) 神社の呼び方、神仏習合
秋葉明神(あきはみょうじん)
秋葉権現(あきはごんげん)

 

スポンサーリンク

大阪府に迦具土命(カグツチノカミ)が祀られている神社

坐摩神社の末社「火防陶器神社」

神社名(大阪府) 読み方 住所 ゆえん
玉造稲荷神社 たまつくりじんじゃ 大阪市中央区玉造2丁目 御祭神の一柱が軻遇突智(かぐつち)
坐摩神社の末社「火防陶器神社」 いかすりじんじゃ「ひぶせとうきじんじゃ」 大阪市中央区久太郎町4丁目 御祭神の一柱が迦具突智神(カグツチノカミ)
生國魂神社の末社「鞴神社」 いくたまじんじゃ「ふいごじんじゃ」 大阪市天王寺区生玉町 御祭神の一柱が香具土神(カグツチノカミ)

 

スポンサーリンク

京都府に迦具土命(カグツチノカミ)が祀られている神社

神社名(京都府) 読み方 住所 ゆえん
愛宕神社(京都市) あたごじんじゃ 京都府京都市右京区嵯峨愛宕町 御祭神(若宮・奥の御前)の一柱が迦倶槌命(カグツチノミコト)
愛宕神社(亀岡市) あたごじんじゃ 京都府亀岡市千歳町国分 主祭神の一柱が火産霊神(ホムスビノカミ)

 

兵庫県に迦具土命(カグツチノカミ)が祀られている神社

神社名(兵庫県) 読み方 住所 ゆえん
秋葉神社 あきばじんじゃ 兵庫県宍粟市一宮町安黒 主祭神が火之迦具土神(ホノカグツチノカミ)
愛宕神社 あたごじんじゃ 兵庫県加古郡稲美町下草谷 主祭神が軻遇突智命(カグツチノミコト)

 

奈良県に迦具土命(カグツチノカミ)が祀られている神社

神社名(奈良県) 読み方 住所 ゆえん
大神教本院の末社「三宝荒神(三宝社)」 おおみわきょうほんいん「さんぼうこうじん(さんぼうしゃ)」 奈良県桜井市三輪 御祭神の一柱が火産霊神(ホムスビノカミ)

 

滋賀県に迦具土命(カグツチノカミ)が祀られている神社

神社名(滋賀県) 読み方 住所 ゆえん
新宮神社の境外摂社「愛宕神社・陶器神社」 あたごじんじゃ・とうきじんじゃ 滋賀県甲賀郡信楽町 御祭神の一柱が火産霊命(ヒムスビノミコト)
伊香具神社境外摂社「意太神社」 おふとじんじゃ 滋賀県長浜市木之本町大音 御祭神が迦具土神(カグツチノカミ)

 

和歌山県に迦具土命(カグツチノカミ)が祀られている神社

神社名(和歌山県) 読み方 住所 ゆえん
荒田神社 あらたじんじゃ 和歌山県岩出市大字森 御祭神の一柱が香具都智命(カグツチノミコト)
闘鶏神社 とうけいじんじゃ 和歌山県田辺市東陽 御祭神(下段)の一柱が火産霊命(ヒムスビノミコト)

 

関連日本の神様 一覧 | 古事記・日本書紀の日本神話より

ホームページに戻る

© 2020 関西パワースポット神社