天照大神(あまてらすおおみかみ)が御祭神の神社、まとめ

天照大神(あまてらすおおみかみ)イメージ

天照大神(アマテラスオオミカミ)についての簡単な説明、ご利益、祀られている神社について一覧でまとめています。

 

天照大神(あまてらすおおみかみ)はどんな神様?、どんなご利益があるの?

天照大神(あまてらすおおみかみ)イメージ

天照大神(あまてらすおおみかみ)とは、日本の神話に登場する神様です。またの名を「てんしょうだいじん」とも言います。

イザナギの命(みこと)とイザナミの命の3人の子供のうちの1人で、女神と解釈されてます。

意味は文字通り「天を照らす太陽の神様」で、皇室や日本国民の神様となっています。太陽神で、天皇の祖神で、衣食住を整えた国民生活の祖神、日本の最高神、伊勢神宮の祭神であります。

ご利益は国に平和と豊かさを与える神様であることから国土安泰、開運、勝運です。

先鋒となって皇軍を導いたことから先導・導きの神様として困難打破、開拓前進、開運隆盛、新規事業や、霊宝「剣珠」の守護を得て国を守ったことから、勝負運仕事運、合格、立身出世のご利益があるとされています。

 

呼び方

一般的な天照大神以外にも呼び方は色々あります。書物や神社によって読み方が変わりますが、すべて同一神です。

呼び方 意味
天照大神(あまてらすおおみかみ) 日本書紀での呼び方
天照皇大神(あまてらすすめおおかみ) 伊勢神宮での呼び方
天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ) 伊勢神宮の神職が神前の名前を呼ぶときに使う
大日霊(おおひるめ) 神社により呼び方が異なる
大日女(おおひめ) 神社により呼び方が異なる
大日女尊(おおひるめのみこ) 神社により呼び方が異なる

 

大阪府にある天照大神が祀られている神社

神社名(大阪府) 読み方 住所 天照大神のゆえん
今宮戎神社 いまみやえびすじんじゃ 大阪市浪速区恵美須町西 主祭神(三柱)の内の一神が天照皇大神(あまてらすおおみかみ)
御霊神社 ごりょうじんじゃ 大阪市中央区淡路町 主祭神(五柱)の内の一神が天照大神荒魂(あまてらすおおみかみあらたま)
少彦名神社(神農さん) すくなひこなじんじゃ(じんのうさん) 大阪市中央区道修町 主祭神(五柱)の内の一神が天照皇大神(あまてらすのおおかみ)

 

兵庫県にある天照大神が祀られている神社

神社名(大阪府) 読み方 住所 天照大神のゆえん
長田神社 ながたじんじゃ  兵庫県神戸市長田区 主祭神が天照大神荒魂(あまてらすおおみかみあらみたま)
西宮神社 にしのみやじんじゃ 兵庫県西宮市 主祭神(四柱)の内の一神が天照大御神(あまてらすおおみかみ)

 

投稿日:

Copyright© 関西パワースポット神社 , 2019 All Rights Reserved.