金運・お金

西宮神社のご利益、お守り、アクセスについて

更新日:

西宮神社の本殿

兵庫県西宮市「西宮神社」は金運商売繁盛、開運招福の神様です。

西宮神社と言えば、お正月のニュースで放送される「福男選び」としても有名。全国にたくさんあるえびす神社の総本社です。

金運商売繁盛、開運招福などにご利益がある西宮神社の主祭神、ご利益、ご祈祷、お守り、アクセスについて紹介します。

 

スポンサーリンク

ご利益

西宮神社本殿、斜めから撮影

えびす大神(えびすおおかみ)、天照大御神(あまてらすおおみかみ)、大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)、須佐之男大神(すさのおのおおかみ)を主祭神とするのが「西宮神社」です。読み方は「にしのみやじんじゃ」。

福の神として崇敬を集めている「えびす様」、ここは全国に3000以上あるえびす神社の総本社です。

えびす様は海から現れたと言われ、当時は航海や漁業の神様として信仰をあつめていました。「大漁満足」のご利益でも有名です。

室町時代以降はえびす信仰が人気となり、商売繁盛にご利益がある神「えびす様(えべっさん)」として庶民で親しまれるようになり現在に受け継がれています。

毎年1月10日のお正月に多くの人が本殿を目指して走り参りをする「開門神事福男選び」は全国的に人気です。

表門(赤門)からスタートし、右にカーブし祈祷殿を越え、最後に左折したところが本殿になっています(上の写真が本殿)。

  • 主祭神:えびす大神(えびすおおかみ)、天照大御神(あまてらすおおみかみ)、大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)、須佐之男大神(すさのおのおおかみ)
  • ご利益:金運、商売繁盛、開運招福
  • 創建:不詳

 

お守り

金運、商売繁盛、開運招福にご利益があるお守りを中心に集めてみました。

社務所は本殿の右側にあります。

金運守

金色の巾着型のお守りで、オレンジ色の文字で「金運守」と刺繍されています。

 

福銭

丸い黄色の巾着に「福銭」が入ったお守り。これは参拝時にはいただきたいお守りです。

 

商売繁盛開運御守

黄色にお守り袋に大きな赤い鯛が刺繍されている「商売繁盛開運御守」。

 

仕事安泰守

えびす様が大きな鯛をもって微笑んでいるお守り「仕事安泰御守」。

「仕事安泰御守」の文字は金色で、鯛は赤色で刺繍されています。

仕事、就職(就活)、転職がうまくいきそう。

願掛け守

雄雌(オスメス)の鯛を向かい合わせてわらでくくる「掛け鯛」があります。

これをかたどったのが「願掛け守」。これを身につけていると日々願をかけられ、えびす様の御神徳が得られます。

 

鯛みくじ

西宮神社の鯛みくじ

鯛のお腹に挟まっているカワイイおみくじ「鯛みくじ」。鯛は持ち帰り家に飾っておくとご利益がありそう(お正月・十日えびすの期間限定)。

福笹もお正月・十日えびすの期間限定になっています。(大3000円、小1000円)

 

スポンサーリンク

アクセス・駐車場

西宮神社の南門

▲西宮神社南門。

  • 住所:兵庫県西宮市社家町1-17(Google Map
  • アクセス①(最寄駅):阪神電車「西宮駅」から徒歩5分
  • アクセス②:JR神戸線「さくら夙川駅」より南東に徒歩10分、「西宮駅」より南西に徒歩15分
  • アクセス③:阪急神戸線「夙川駅」より南東に徒歩15分
  • 駐車場:境内の西南に無料駐車場あり(100台収容)
  • 拝観時間:5時〜18時(春夏は5時〜19時)
  • 社務所は9時〜17時

車の場合は西宮神社内の南西に駐車場があります。「南門」から入るとすぐ左手に参拝用駐車場があるのでそこに駐車しましょう(上の写真が南門です)。「正門(赤門)」からは入れないので注意してください。

駐車場は100台だけなので、お正月や十日えびすは近くのパーキングか電車で行くことをおすすめします。

関連:「天照大神が祀られている神社」に戻る

関連:「金運・宝くじのご利益がある関西の神社」に戻る

関連:「兵庫県の神社一覧」に戻る

スポンサーリンク

-金運・お金
-

Copyright© 関西パワースポット神社 , 2019 All Rights Reserved.