素盞鳴命(スサノオノミコト)のご利益と御祭神の神社

素盞鳴命(スサノオノミコト)

素盞鳴命(スサノオノミコト)についての簡単な説明、ご利益、呼び方、祀られている神社について一覧でまとめています。

 

素盞鳴命(スサノオノミコト)はどんな神様?、どんなご利益があるの?

素盞鳴命(スサノオノミコト)

素盞鳴命(スサノオノミコト)とは、日本の神話に登場する神様です。

天照大神(あまてらすおおみかみ)の弟で、伊弉諾尊(イザナギノミコト)伊邪那美命(いざなみのみこと)から誕生しました。

伊弉諾尊(イザナギノミコト)からは海を治めるように命じられますが、母伊邪那美命(いざなみのみこと)のいる国に行きたいと反抗し、天照大御神(あまてらすおおみかみ)の天岩戸隠れを引き起こした「天の岩戸事件」が切っ掛けで、追放されてしまいます。

天上界に追放され、出雲の国に降り立つと、そこにはヤマタノオロチがいました。ヤマタノオロチとは周囲を困らせていた八つの頭を持つ大蛇です

このヤマタノオロチを素盞鳴命(スサノオノミコト)が退治したことで、一躍ヒーローになりました。

大蛇ヤマタノオロチを退治した時に助けた櫛名田比売(クシナダヒメ)と結婚し、須我の地に住んだと言われています。

母思いではありますが、かなりわがまま、複雑な性格を持つ神様です。

 

以上のことから素盞鳴命(スサノオノミコト)は正義感が強く、厄除け縁結び開運のご利益があるとされています。

 

スポンサーリンク

呼び方

一般的な素盞鳴命以外にも呼び方は色々あります。書物や神社によって読み方が変わりますが、すべて同一神です。

呼び方 意味
素盞鳴命(すさのおのみこと) 神社により呼び方が異なる
素盞鳴尊(すさのおのみこと) 日本書紀での呼び方。神社により呼び方が異なる
素盞男尊(すさのおのみこと)
建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと) 古事記での呼び方。神社により呼び方が異なる
速須佐之男命(すさのおのみこと)
須佐之男命(すさのおのみこと)
神須佐能袁命(かむすさのおのみこと) 出雲国風土記での呼び方。神社により呼び方が異なる
速須佐之男命(すさのおのみこと)
須佐之男大神(すさのおのおおかみ) 神社により呼び方が異なる。
牛頭天皇(ごずてんのう) 神仏習合後の呼び方。神社により呼び方が異なる。全国の祇園社・天王社で祀られる。諸説あり
牛頭天王(ごずてんのう)
牛頭大王(ごずだいおう)

 

スポンサーリンク

大阪府に素盞鳴命(スサノオノミコト)が祀られている神社

神社名(大阪府) 読み方 住所 天照大神のゆえん
今宮戎神社 いまみやえびすじんじゃ 大阪市浪速区恵美須町西 主祭神(三柱)の内の一神が素戔鳴命(すさのおのみこと)
大国主神社 おおくにぬしじんじゃ 大阪市浪速区敷津西 主祭神(二柱)の内の一神が素戔嗚尊(すさのおのみこと)
杭全神社 くまたじんじゃ 大阪市平野区平野宮町 主祭神(三柱)の内の一神が素戔嗚尊(すさのおのみこと)[牛刀大王牛頭大王(ごずだいおう)]
三光神社 さんこうじんじゃ 大阪市天王寺区玉造本町 主祭神(四柱)の内の一神が素戔嗚尊(すさのおのみこと)
難波神社 なんばじんじゃ 大阪市中央区博労町4丁目 主祭神(三柱)の内の一神が素戔嗚尊(すさのおのみこと)
布忍神社 ぬのせじんじゃ 大阪府松原市北新町 主祭神(三柱)の内の一神が速須佐男之尊(はやすさのおのみこと)
瓢箪山稲荷神社 ひょうたんやまいなりじんじゃ 大阪府東大阪市瓢箪山町 主祭神(二柱)の内の一神が素戔嗚尊(すさのおのみこと)
方違神社 ほうちがいじんじゃ 大阪府堺市北三国ケ丘町 主祭神(四柱)の内の一神が素戔鳴命(すさのおのみこと)
中道八阪神社 やさかじんじゃ 大阪市東成区中道4丁目 主祭神(二柱)の内の一神が素戔嗚尊(すさのおのみこと)

 

スポンサーリンク

京都府に素盞鳴命(スサノオノミコト)が祀られている神社

神社名(大阪府) 読み方 住所 天照大神のゆえん
八坂神社 やさかじんじゃ 京都府京都市東山区 主祭神(十三座)の内の一神が素戔嗚尊(すさのをのおおかみ)

 

兵庫県に素盞鳴命(スサノオノミコト)が祀られている神社

神社名(大阪府) 読み方 住所 天照大神のゆえん
西宮神社 にしのみやじんじゃ 兵庫県西宮市 主祭神(四柱)の内の一神が須佐之男大神(すさのおのおおかみ)

 

関連日本の神様 一覧 | 古事記・日本書紀の日本神話より

ホームページに戻る

Copyright© 関西パワースポット神社 , 2020 All Rights Reserved.