国産みの神様 | 淤能碁呂島・大八嶋国・六島・蛭子・蛭子神・淡島

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)。神様のイメージ

天地開闢の神様 | 造化三神・別天神・神世七代」に続いて、国産みの時代に入ります。

「神世七代(かみのよななよ)」の最後に誕生したのが伊邪那岐命(いざなぎのみこと)伊邪那美命(いざなみのみこと)

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)伊邪那美命(いざなみのみこと)が日本の国土(島々)をつくっていきます。国産みの時代。

 

淤能碁呂島(おのごろしま)

おのころ島神社の鳥居

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)が天の浮き橋に立ち、矛(ほこ)を海の中に差し入れて引き上げると、その先から塩が落ち、それが固まると島になりました。

自然と凝り固まってできた島であることから「淤能碁呂島(おのごろしま)」という名前になりました。

淤能碁呂島(おのごろしま)の場所は、沼島、友ヶ島、淡路島の自凝島神社(おのころ島神社)など諸説あります。

 

スポンサーリンク

大八嶋国(おおやましまのくに)

国産み(日本)

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)伊邪那美命(いざなみのみこと)は淤能碁呂島(おのごろしま)で結婚し、その後も次々と島々を生み出していきました。

  • 淡道之穂之狭別嶋(あわじのほのさわけのしま):淡路島
  • 伊予之二名嶋(いよのふたなのしま):四国
  • 隠岐之三子嶋(おきのみつごのしま):隠岐諸島
  • 筑紫嶋(ちくしのしま):九州
  • 伊伎嶋(いきのしま):壱岐島
  • 津嶋(つしま):対馬
  • 佐渡嶋(さどのしま):佐渡島
  • 大倭豊秋津嶋(おおやまととよあきづしま):本州

以上の島を「大八嶋国(おおやましまのくに)」と呼ばれています。

 

スポンサーリンク

六島

「大八嶋国(おおやましまのくに)」の後に6つの島が誕生しました。

  • 吉備児島(きびのこじま)
  • 小豆島(あづきじま)
  • 大島(おおしま)
  • 女島(ひめしま)
  • 知訶島(ちかのしま)
  • 両子島(ふたごじま)

 

スポンサーリンク

イザナギとイザナミの第1子「蛭子神(水蛭子)」と第2子「淡島」

今宮戎神社のえべっさん(えびす様)

淤能碁呂島(おのごろしま)に下りた伊邪那岐命(いざなぎのみこと)伊邪那美命(いざなみのみこと)から第1子・第2子が誕生します。

どちらの神様も骨がない未熟だったので海に流してしまいますが、蛭子神(水蛭子:ひるこのかみ)が神様として祀られて恵比寿(えびす)様になりました

  • 蛭子神(水蛭子:ひるこのかみ):未熟だったので海に流したが恵比寿(えびす)に変身
  • 淡島(あわしま):未熟だったので海に流した

蛭子神(水蛭子:ひるこのかみ=恵比寿様(えびす様・えべっさん)は、漁業の神様(大漁)福の神、そして七福神に加わり、商売繁盛の神様として人気になります。

 

日本の神様 一覧| 古事記・日本書紀の神話」に戻る

© 2020 関西パワースポット神社