オオクニヌシの妻と子孫

大国主神社、氏神様前にも大国様の像がある

大国主神(オオクヌヌシノカミ)はたくさんの女神との間に子供を設けています。

古事記では180柱、日本書紀では181柱と書かれています。縁結びのご利益があるとされているのはこれが由縁です。

ここではオオクニヌシ妻と一部の子供を紹介します。

 

大国主神(オオクヌヌシノカミ)と多紀理毘売命(タキリビメノミコト)の子供

  • 阿遅鉏高日子根神(アジスキタカヒコネノカミ)

妻・多紀理毘売命(タキリビメノミコト)は、スサノオの剣から生まれた「宗像三女神」の内の一柱

 

スポンサーリンク

大国主神(オオクヌヌシノカミ)と神屋楯比売命(カムヤタテヒメノミコト)の子供

  • 事代主神(コトシロヌシノカミ)

事代主神(コトシロヌシノカミ)は、賀茂氏・大神氏の祖。

 

スポンサーリンク

大国主神(オオクヌヌシノカミ)と八上比売(ヤガミヒメ)の子供

  • 木俣神(キノマタノカミ)

木俣神(キノマタノカミ)は、またの名を御井神(ミイノカミ)とも言います。

妻・八上比売(ヤガミヒメ)は因幡の白兎に登場。かつて鳥取にあった区画名「八上郡」の元となった神様。

 

スポンサーリンク

大国主神(オオクヌヌシノカミ)と沼河比売(ヌナカワヒメ)の子供

  • 建御名方神(タケミナカタノカミ)

妻・沼河比売(ヌナカワヒメ)は越国「福井〜山形」の神様

 

大国主神(オオクヌヌシノカミ)と鳥取神(トトリノカミ)

  • 鳥鳴海神(トリナルミノカミ)

妻・鳥取神(トトリノカミ)は、「鳥取」という地名の元になった神様

鳥取神(トトリノカミ)は八島牟遅能神(ヤシマムヂノカミ)の娘。

 

日本の神様 一覧| 古事記・日本書紀の神話」に戻る

© 2020 関西パワースポット神社