総合運・全体運・所願成就

離宮八幡宮のご利益、お守り、アクセスについて

投稿日:

離宮八幡宮の鳥居

京都府乙訓郡大山崎にある「離宮八幡宮」は総合運・全体運・諸願成就の神様です。

川を挟んだ向かい側にある「石清水八幡宮」と関係がある神社です。

総合運・全体運・諸願成就のご利益がある離宮八幡宮の主祭神、ご利益、お守り、アクセスについて紹介します。

 

ご利益・歴史

離宮八幡宮の拝殿

応神天皇、酒解大神(さけとけのおおかみ)=別名:大山祇神(おおやまつみしん)、比売三神(ひめさんしん)を主祭神とするのが「離宮八幡宮」です。

読み方は「りきゅうはちまんぐう」。

歴史

離宮八幡宮の鳥居

平安時代、清和天皇の859年(貞観元年)が夢で、国家鎮護のために宇佐八幡宮から八幡神を京に鎮座せよというものでした。

天皇の命により八幡神を奉じて帰郷した行教は、山崎の津で、霊光をみます。

不思議に思いその地を掘ってみると、岩の間に清水が湧き出たことから、御神体を鎮座し「石清水八幡宮」を創建しました

この場所は嵯峨天皇の離宮である「河陽宮」の跡地であったことから、その後社号が「離宮八幡宮」と改称されています。

鳥居すぐ横には「河陽宮故跡」の石碑があります(上の写真参照)。

離宮八幡宮は、三川(桂川・宇治川・木津川)を挟んだ向かいにある「石清水八幡宮」の元社となっています。

元々はかなり大きな場所でしたが、明治以降の鉄道建設により離宮八幡宮は縮小されています。

参考:「離宮八幡宮」案内板より

 

離宮八幡宮境内にある「製油発祥の地」碑

同じ貞観時代(859年〜)に神官が神示を受け、長木(採油器さいゆき)を発明し、荏胡麻油(えごま油)の製造が始まったことから、この場所が「製油発祥の地」とされています。

江戸時代まで大山崎油座の制度で、荏胡麻油の独占販売をしていました。

 

離宮八幡宮の「本邦製油発祥地」石碑

境内にある「本邦製油発祥地」石碑

 

離宮八幡宮「油祖像」

境内にある「油祖像」

 

離宮八幡宮の「長木の図」

離宮八幡宮の説明板より「長木の図」。

 

離宮八幡宮の「長木と立木模型(1/2)」

離宮八幡宮の説明板より「復元した長木と立木1/2模型」。

 

離宮八幡宮「山崎の油売り」

離宮八幡宮の説明板より「山崎の油売り」。

 

ご利益

京(平安京)の守護、国家安康、国民平安を目的とした神様です。その他、お酒の神様も。

一つのご利益というよりは全体的なご利益総合運・全体運・諸願成就をいただけます。

  • 主祭神:応神天皇、酒解大神(さけとけのおおかみ)=別名:大山祇神(おおやまつみしん)、比売三神(ひめさんしん)
  • ご利益:国家安康、国民平安など総合運・全体運・諸願成就
  • 創建:859年(貞観元年)

 

スポンサーリンク

お守り

総合運・全体運・諸願成就のご利益があるお守りを中心に集めてみました。

諸願成就守・健康守・学業成就守

離宮八幡宮「諸願成就守・健康守・学業成就守」

出典:離宮八幡宮より

左から「諸願成就守」、「健康守」、「学業成就守」。初穂料500円より。

 

交通安全守

離宮八幡宮「交通安全守」

「交通安全守」御札やプレート、シール、キーホルダーなど種類がいくつかあります。初穂料500円より。

 

油断大敵守

離宮八幡宮「油断大敵守」

離宮八幡宮のお守りの中で個性的なのがこの「油断大敵守」。

お守り袋の色が緑色、黄色、青色、赤色の4色があります。800円。

 

スポンサーリンク

アクセス

離宮八幡宮東門

離宮八幡宮には駐車場が月極しかないので、どうしても車で行かれる方はコインパーキングになります。

北にJR京都線「山崎駅」、南に阪急京都線「大山崎駅」に挟まれた電車から行くにはとても便利な場所です。

できるだけ電車で行くようにしましょう。駅からは東門が近いです(上の写真が東門)。

  • 住所:京都府乙訓郡大山崎町大山崎西谷21-1(Google Map
  • 電話番号:075-956-0218
  • アクセス①:JR京都線「山崎駅」より徒歩1分
  • アクセス②:阪急京都線「大山崎駅」より徒歩3分
  • 駐車場:なし(月極のみ)

周りには宝積寺、天王山、アサヒビール大山崎山荘美術館、サントリー山崎蒸溜所などもあるので、ピクニックしたりあわせて参拝することをおすすめします。

関連:「京都府の神社一覧」に戻る

関連:「総合運・全体運・所願成就のご利益がある関西の神社」に戻る

スポンサーリンク

-総合運・全体運・所願成就
-

© 2020 関西パワースポット神社