子宝(子授け)・安産

日根神社のご利益、お守り、ご祈祷、アクセスについて

更新日:

日根神社

出典:Wikipeida

大阪・泉佐野市の「日根神社」は子授け子宝、安産、良縁、そして安眠の神様です。

枕や寝床を守護する夫婦の神様になるので、どれもイメージができるかと思います。

子授け子宝、安産、良縁安眠のご利益がある日根神社の主祭神、ご利益、ご祈祷、お守りについて紹介します。

 

ご利益

日根神社本殿

出典:Wikipeida

鵜葺草葺不合命(うがやふきあへずのみこと)、玉依毘売命(たまよりひめのみこと)を主祭神とするのが「日根神社」です。読み方は「ひねじんじゃ」。

主祭神の2人は神武天皇の両親にあたり4人の子供をもうけた夫婦の神様で、日本で唯一となる枕や寝床を守護する神様です。

全国的にも珍しい「枕」の神様として、良縁、子授け、そして最近眠れない、眠りが浅いといった不眠症目の病気の回復などを祈願してに参拝する人も多いそうです。

元々は子授けの願いから始まり、寝床につながり、安眠の神様と信仰されるようになりました。

昔から子宝(子授け)・安産のご利益があるとして信仰されていた由縁の一つに「まくら祭」というのがあります。

村の娘たちが奉納した枕をのぼりに付けて練り歩いたことが「まくら祭」の始まりです。毎年5月5日に開催される伝統行事になっています。

  • 主祭神:鵜葺草葺不合命(うがやふきあへずのみこと)、玉依毘売命(たまよりひめのみこと)
  • ご利益:子授け、子宝、安産、良縁安眠
  • 創建:674年(白鳳2年)

 

お守り

子授け、子宝、安産、良縁、安眠にご利益があるお守りを中心に集めてみました。

枕の柄を織り込んだお守りや寝室に貼るお札などがあります。

まくら札

まくら札には「寝所御守護」と書かれています。

3色ありますが、それぞれご利益が異なります。枕元に置くようにしましょう。

  • 赤色のお札「子宝祈願」
  • 緑色のお札「安眠祈願」
  • 白色のお札「寝室守護」

 

安眠枕御守

緑色の枕の形をしたお守りです。「まくら祭り」の緑色がベースになっています。これを枕元に置いておくとぐっすり寝られるかも。

カラーはピンクもありそうです。

ご祈祷

ご祈祷の内容は安眠、子授け、安産、縁結びなど。予約は毎日受付しています。

  • 各ご祈祷料:5000円〜
  • 安産祈願:5000円(さらし帯付き)、7000円(腹巻帯付き)

もし腹帯を持っている場合は、持って来ればお祓いしてくれます。

受付時間:9時〜16時

 

アクセス

日根神社

  • 住所:大阪府泉佐野市日根野631-1(Google Map
  • アクセス①(最寄駅):JR阪和線「日根野駅」より南海バス「犬鳴山行き」に乗車し「東上」バス停下車徒歩1分
  • アクセス②:南海本線「泉佐野駅」より南海バス「日根野駅経由犬鳴山行き」に乗車
  • 駐車場:あり
  • 拝観時間:自由(社務所9時〜17時)

-子宝(子授け)・安産
-

Copyright© 関西パワースポット神社 , 2019 All Rights Reserved.